2009年8月31日

[plamo:30116] Re: plamo4.6でKeyboard配列がJP106仕様にならず

名倉@45W版SocketAM3CPU購入待機中
    シビレがきれてATOMでお茶を濁し中 です。

> 松田です
>
> 却って動作が変になる助言をしてすみません.
> 参考にならないかもしれませんが,私の経験をお話しします.
>

> 私の自宅にあるLinux機は,チップセットAMD780Gを積んでいます.
> (内臓のRadeon HD3200でfgrlxを動かすのにもだいぶ苦労しました)
>
> Plamo-4.6を導入した際にキーボードレイアウトをjpに指定したのにも関わらず,
> usとなってしまう現象に悩み,AutoAddDevicesというオプションに行き着きました.
> これをfalseに明示的に指定しないと,次のようなXorg.0.logが残り,
> 正常にjpキーボード組み込んだという記述の後に,
> 明らかに余計な?デバイスを組み込む記述が記録されていました.
> (マウスもxorg.confで明示的に指定したドライバに加えて,
> 余計なドライバーが組み込まれるのですが,
> 自動認識された設定でちゃんと動いていたので気づかなかったです.)
>
> (II) config/hal: Adding input device AT Translated Set 2 keyboard
> (**) AT Translated Set 2 keyboard: always reports core events
> (**) AT Translated Set 2 keyboard: Device: "/dev/input/event1"
> (II) AT Translated Set 2 keyboard: Found keys
> (II) AT Translated Set 2 keyboard: Configuring as keyboard
> (II) XINPUT: Adding extended input device "AT Translated Set 2 keyboard"
> (type:
> KEYBOARD)
> (**) Option "xkb_rules" "base"
> (**) AT Translated Set 2 keyboard: xkb_rules: "base"
> (**) Option "xkb_model" "evdev"
> (**) AT Translated Set 2 keyboard: xkb_model: "evdev"
> (**) Option "xkb_layout" "us"
> (**) AT Translated Set 2 keyboard: xkb_layout: "us"
>
>
> > 名倉 です。
> >
> >> 名倉様、松田様
> >>
> >>
> >> ご教授ありがとうございました。
> >>
> >>
> >> 結果は下記の通りです。
> >>
> >> 名倉さんの方法=OK
> >>
> >> 松田さんの方法=NG
> >>
> >> もともと自分のxorg.confには、Option "AutoAddDevices" "on"の記述がなく
> >> この行をOption "AutoAddDevices" "false"
> >> に設定し追加したのですが、X Windowが立ち上がらなくなり、またマウスの動作が異常になったため、今回は不採用にしました。
> >>
> >> 自分のオリジナルファイルは
> >> Section "InputDevice"
> >> Identifier "Keyboard1"
> >> Driver "kbd"
> >> Option "XkbModel" "jp106"
> >> Option "XkbLayout" "jp"
> >>  EndSection
> >>
> >> となっていました。
> >
> >   よかったでもどんなハードだとこのようなxorg.confが生成されるのだろう?
> >   参考までにハードウエア情報を貼っていただければと思います。
> >
> >
> > 以下 略
> >

  貴重な情報ありかとうございます。 手元のマシン再点検してみます。

> --
> -------------------------------------------------------------------
> mmm mmm | matuda@xxxxx
> ((^_^)) <- -> | 松田七美男@東京電機大学 環境物質化学科 教授
> { } ({ }) | 〒101-8457 千代田区神田錦町2-2
> _I I_ _I_ | Tel:03(5280)3402 Fax:03(5280)3570

投稿者 xml-rpc : 2009年8月31日 11:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88123
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。