2009年8月29日

[plamo:30103] Re: Plamo-4.2 でつながるが、4.6ではつながらない。

早間です。
> >
> > eht0に限って問題点を以下の様に整理したいと思います。
> >
> > Plamo-4.2 Plamo-4.6
> > NICの接続方法 Removable Removable
> > IPアドレスの設定方法 DHCP DHCP
> > /var/lib/netの中身 scheme scheme

> > lo-default lo-default
> > lo.pid lo.pid
> > eth0-defalut
> > eth0.pid
> >

/etc/network.fixed の内容はどのような値でしょうか
私の場合は
---------------------------- ここから ---------------------------
# Network interfaces that is installed statically
#
# The interfaces to be probed and to be set up by murasaki, must not
# be listed here.

lo
eth0
eth1
---------------------------- ここまで ---------------------------

となっています。

>
> Plamo-4.6にmurasakiはありません。
>  murasakiの機能はudevがおこなっていますが機能その他違いがあるのでmurasakiの
>  機能を前提として作成されているplanetはうまく動作しない部分があるようです。 
>  

これを聞いて(見て) tradnet にしていたのですが、pcmcia ではないので
planet を使ってみました。

>  dhclientを実施することはtradnet同様の動作なのでplanetの常識は通用しないのでは?
>

この件は(私は)不明ですが、planet に関しては、pcmcia の抜き差し
に対応してネットワークの起動・終了が出来ないではないかと思っています。

murasaki が無いので活線制御が変わるのでしょうが、planet のネットワーク
起動の機能は働くようです。planet はネットワーク設定が簡単に変更できる
ので使いたいです。

岩浅さんの件は /etc/network.fixed に
eth0
が無いのではないかと思います。

-- 早間

投稿者 xml-rpc : 2009年8月29日 09:37
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88109
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。