2009年8月29日

[plamo:30102] Re: Plamo-4.2でつながるが、4.6ではつながらない。

名倉 です。

> 名倉昭一さま
> 岩浅です。平日忙しく返事が遅れて申し訳ありませんでした。
>
> >> >私も plamo-4.6 では ether を2つ設定しているのです。
> >> >名倉さんが
> >> >[plamo:30087]で仰っている

> >> >> dhclient を打ってみてください。
> >> >を実行したところ eth1 の ip が dhcp サーバから ip を取得して変わっ
> >> >てしまいました。
> >> >(なお、eth0 と eth1 は異なった dhcp サーバが機能していますが、
> >> > plamo-4.6 は固定 IP で使用しています)
> >>
> >> このコマンドを打つとつながりました。
> >
> > 2つの ether ともつながったと理解してよいのでしょうか?
>
> 説明が不足していましたので、もう一度実機をテストしました。
> Plamo-4.2でもPlamo-4.6でもeth1はつながりませんでした。
> dhclientを実行すると、eth0-defaultとeht1-defaultのIPアドレスが
> 更新されますが、別の理由でeth1は両機で通信不可の様です。
> 実機ではeth0を使いますがeht1は使いませんので、eth1の件は
> 一旦ホールドして下さい。
>
> eht0に限って問題点を以下の様に整理したいと思います。
>
> Plamo-4.2 Plamo-4.6
> NICの接続方法 Removable Removable
> IPアドレスの設定方法 DHCP DHCP
> /var/lib/netの中身 scheme scheme
> lo-default lo-default
> lo.pid lo.pid
> eth0-defalut
> eth0.pid
>
> この後、dhclientを実行すると、
>
> /var/lib/netの中身 scheme scheme
> lo-default lo-default
> lo.pid lo.pid
> eth0-defalut eth0-defalut
> eth0.pid
>
> となります。dhclient実行前に、なぜeth0-defaultやeth0.pidが
> できないのか?不思議です。
> /etc/network.confや/etc/rc.d/rc.dhcp.planetや/etc/rc.d/rc.netschemeの
> 中身や属性を調べても、違いは有りませんでした。
> USD HDDや1394 HDDは正常にマウントできるので、
> murasaki関係は正常だと思います。
>
> dhclientを実行してeth0-defalutができるので、取り敢えず通信できますが、
> やっぱり落ち着きません。何処を調べるべきか?アドバイス頂けると助かります。
>
 ノートPCをNAT BOXに利用していたのかと思いましたが違っていたようですね?
 話が見えてきました。udevまわりの不具合かと思っていました。

planet,murasaki あたりについては
 [plamo:29656] ネットワークの設定についてのスレッドを参照してください。

Plamo-4.6にmurasakiはありません。
 murasakiの機能はudevがおこなっていますが機能その他違いがあるのでmurasakiの
 機能を前提として作成されているplanetはうまく動作しない部分があるようです。 
 
 udevはtradnet選択しても動作しているので。
planetを選択するとすごいことになりそう?

 dhclientを実施することはtradnet同様の動作なのでplanetの常識は通用しないのでは?

Plamo-4.6ではUSB HDDマウントしやすいよう
 USBの一部モジュールがカーネル組み込みになっているはず?

ごめんなさいノートPC保有していないので
 planet全く使ったことありません適任ではないようです。

投稿者 xml-rpc : 2009年8月29日 08:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88017
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。