2009年8月27日

[plamo:30100] ONKYOのSE-200PCIを4枚実装

笠井です。

報告です。
ONKYOのSE-200PCIが4枚借りられたので、Plamo Linux 4.6の環境に全部実装してみました。
結果、あっけなく動きました。

/etc/modprobe.conf の内容は、
alias snd-card-0 snd-ice1724

alias sound-slot-0 snd-ice1724
alias snd-card-1 snd-ice1724
alias sound-slot-1 snd-ice1724
alias snd-card-2 snd-ice1724
alias sound-slot-2 snd-ice1724
alias snd-card-3 snd-ice1724
alias sound-slot-3 snd-ice1724
これだけです。
背面のPINジャックからのLINE OUTの音量調整ができませんが、緑色のミニジャックのLINE OUTは大丈夫でした。

wavファイルの再生
# aplay a.wav -D default:0 &
# aplay b.wav -D default:1 &
# aplay c.wav -D default:2 &
# aplay d.wav -D default:3 &
これで、4つのLINE OUTから別々の音が同時に出力されます。

投稿者 xml-rpc : 2009年8月27日 14:37
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87975
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。