2009年8月 6日

[plamo:30037] Re: Plamo4.0で音を出すには(Creative ViBRA16X 改題)


冨岡です。

From: TAMUKI Shoichi <tamuki@xxxxx>
Subject: [plamo:30035] Re: Plamo 4.0で音を出すには(Creative ViBRA16X 改題)
Date: Thu, 06 Aug 2009 12:36:26 +0900

> > 音を出すだけだったら,サウンドカードだけ安くて動きそうなのにする,とい

> > うのも手ですよね.:^)
>
>  下記の記述によると,すでに音は出ているんじゃないかと。:-)
>
> From: "nori" <ja5ibp@xxxxx>
> Subject: [plamo:30009] Re: Plamo 4.0で音を出すには(Creative ViBRA16X 改題)
> Date: Thu, 30 Jul 2009 21:12:53 +0900
>
> > まずwavファイルの再生ですが、
> > 起動直後にコマンドラインで
> > /usr/bin/aplay xxx.wav
> > とやっても音は出ません。
> > Playing WAVE 'xxx.wav' :Signed 16bit Little Endian, Rate 22050 Hz, Mono
> > と表示はされます。
> > しかし、一度Xを起動後に
> > Xを終了して
> > /usr/bin/aplay xxx.wav
> > とやると音が出ます。
> > Xを起動することによって何かが変わるのでしょうか。
>
> # フルパスでなくても,普通に“aplay xxx.wav”で良いですが。
>
>  何らかの原因で,起動直後に音量が絞られているのかも知れませんね。
>
>  起動直後に
>
> $ alsamixer
>
> を実行して,ミュートされていないか確認してみることをお勧めします。

そうですね、最初に確認することですね。

# ML 読んでいたつもりで最後の方の grip にだけに反応していた
# 気がします ^^;


----------
とみおか

投稿者 xml-rpc : 2009年8月 6日 20:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87333
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。