2009年8月 6日

[plamo:30033] Re: Plamo4.0で音を出すには(Creative ViBRA16X 改題)

名倉@intel D945GCLF2持っているのに
    jetway ATOM-GW1-NC330を買い込んでしまったただめだめだな です。

主要チップは同一だがBIOS等の周辺チップは構成が違っていて面白そう。

> こじま@vlc がらみで gtk を調べだしたらもう大変、、です。
>
> From: Yoshihiro Hosaka <hosaka.yoshihiro@xxxxx>

> Subject: [plamo:30030] Re: Plamo 4.0で音を出すには(Creative ViBRA16X 改題)
> Date: Wed, 5 Aug 2009 21:23:01 +0900
>
> > 4.6と最新のものを薦めるのは、
> > Linuxはフリーな生鮮OSだからです。

  現時点でPlamo-4.0のセキュリティホール埋めるの大変だと思っています。
  それよりPlamo-4.6をいれたほうが楽だと思う。

  Plamo-4.6,カーネルをハードに合わせて再コンパイルするのみでメモリー64Mの
  マシンでも起動します。
  (手元のsocket3 な cyrex 5x86 100MHz マシンPlamo-4.6でNAT BOXとして常用中
   快調なので世代交代がSTOPしてしまった。
   商用OSベースではこれはできないことではないかな。)

> > 一年経てば情報が古くなるとこじま先生も書いていたと思います。
> > そして答えるほうも新しい方が記憶にあるから
> > アドバイスしやすい(解決しやすい)。
> >
> > 河村さんにもメリットがあります。
> > 最新版ならテストをして開発に協力できるという点です。
> > 開発者からみてもバグを見つけてもらえてうれしいと思います。
>
> 一般論としてはその通りなんですが、今回は、最近のデフォルトのカーネルで
> は無効にしている ISA PnP もからんでいるようなので、必ずしも新しいものの
> 方がいいわけでもなさそうな気がします。
>
> # どのヘンから ISA PnP を無効にしたかは忘れちゃったけど、2.6系のカーネ
> # ルだと無効にしていると思ふ
>
> まぁ、Plamo-4.6 でカーネルを再構築して、、という手もありそうですが、最
> 近のカーネルはビルドするのに多大な時間とディスク容量を必要とするので、
> 古いマシンでは厳しいでしょうね。

  手元のAMD K6 200MHz で 8-10H
     Intel Atom 330 で 1H位 at linux-2.6.30.x

>
> > パソコンを大事にしたい気持ちは分かります。
> > パーツ交換より新品を買った方が性能もいいし

  マザーボードに言及しているのでこの場合のパーツ交換は新品購入と同じです。

> > 安くすみトラブルも少ないんですよね。
>
> 最近だと,5,6万も出せば,2GHz/2GB/1TB くらいのマシンが買えるから,貧弱
> なスペックのマシンでも動かせるように手間をかける気がしなくなってしまった..

  どうも別にマシンをお持ちのようなのでまずPlamo-4.6にして
  別マシンでカーネルをターゲットにあわせてみる

  マシンに最適化したPlamo-4.6使ってみて
  気に入らなかったらハード交換の検討に入るいいんじゃないかなと思っています。

  ハード交換ハード交換言うのはPlamo,linuxのアドバンテージを
  全否定しているように思えてしょうがない。

  まあ時は金なりですが。
>
> -----
> こじま
>

投稿者 xml-rpc : 2009年8月 6日 07:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87300
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。