2009年7月23日

[plamo:29961] 'Creative ViBRA16X'というカードをPlamo4.0で使いたい

河村です。
サウンドカードについて質問したのですが、どなたからのお返事が無いままでした。

その後をお知らせします。
ALSAというのが起動しているらしいということで

modules.confのなかを見ると
#setup for ALSA modules

alias char-major-116 snd
alias char-major-14 soundcore
# alias snd-card-0 snd-sb16
# alias sound-slot-0 snd-card-0
以下6行
コメントアウトされた行があったので
#を取ってみました。すると

qvwmで音が出るようになりました。
KDEでも出ました。

それと
cat xxx.au > /dev/audio
なんて方法でも音がでました。

そこで発見 samll-step.au は
ひょっとしてアポロ11号のアームストロング船長の台詞
なのかな?

xxx.wavファイルも発見しました。これはどうやると音がするのですか。

手探り状態です。何かコメントをいただけるとありがたいのですが。

投稿者 xml-rpc : 2009年7月23日 22:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86910
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。