2009年7月16日

[plamo:29943] Re: Plamo 4.6 最近のUpdate 適用後の問題


こじま@このへんは本来の Unix/Linux の機能じゃないしなぁ,,です.

From: Naofumi Honda <honda@xxxxx>
Subject: [plamo:29938] Re: Plamo 4.6 最近の Update 適用後の問題
Date: Thu, 16 Jul 2009 12:18:50 +0900


> > pam経由の時は次のようにすると
> > 少くともplamo-4.6のconsole kitならば上手く動きます。
> >
> > /etc/security/pam_env.confに次を記入します。
> > ------------------------------------------------
> > CKCON_X11_DISPLAY_DEVICE DEFAULT="/dev/tty7"
> > CKCON_X11_DISPLAY DEFAULT=":0"
> > --------------------------------------------------
>
> 以上でRun level 3 で ck_launch_sessionを使わなくとも良くなるはずですが、
> #でも私はこの方法を推奨してい訳ではありません。
>
> Run level 4に対応するためには、pam.dの設定は
> loginのみにconnectorを書いておかないといけません。
> でないと2重になります。少くともkdeやgdmにこのentry
> が存在しないようにしないといけません。

手元で試した感じ,確かに pam_env.conf に設定することでコンソール login でも
セッションが active になるようになりました.

しかしながら,現状では「ConsoleKit/PolicyKit/HAL に対応した CUI なツー
ル」なんてのは存在しないので,X を起動する際に新しくセッションを割りあ
てる方が素直じゃないですかね?

本来的にConsoleKit/PolicyKit/HAL なフレームワークは X サーバが管理して
いるハードウェアを操作するための仕組みだと思うので,その世界に入る時に
認証を受ける方が分りやすい気がします.

# Plamo の場合,afterstep/qvwm なWMのユーザもいるので,その環境でどうな
# るかも検討しないといけないですが,伝統的な WM でハードウェアの操作は
# root 権限(sudo 含む)で行うとすれば,問題になるのは /etc/fstab の
# CD/DVD 回りくらいかな?

------
こじま

投稿者 xml-rpc : 2009年7月16日 16:03
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86694
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。