2009年7月16日

[plamo:29935] Re: Plamo 4.6 最近の Update 適用後の問題

本多です

Debianの論議は何か変ですが。。
# Kojimaさんのまとめが変という訳ではないですよ。

pam経由の時は次のようにすると
少くともplamo-4.6のconsole kitならば上手く動きます。

/etc/security/pam_env.confに次を記入します。
------------------------------------------------
CKCON_X11_DISPLAY_DEVICE DEFAULT="/dev/tty7"
CKCON_X11_DISPLAY DEFAULT=":0"
--------------------------------------------------
ここでDEVICEはstartxした時のXの制御端末名にします。

少なくともpamもck-launch-sessionも動作は同じです。
ck_connector.soやck-launch-sessionが起動された時の
processの制御端末とX端末を登録するだけです。
ですから、あとから夢のような登録が起きる訳ではないです。
login時であればpam envに登録しておかなければいけません。

この端末登録を実行したprocessをsession leader
として子孫はこれを継承するわけです。現在の端末(vt no)もしくは
Xの制御端末がこれに一致すればactive,そうでなければinactiveとなる訳です。
#だからguiに特化した実装とはとても思えません。
実装はkernelの制御端末及びsession group(session leader)と
ほぼ平行と思えます。

投稿者 xml-rpc : 2009年7月16日 02:12
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86686
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。