2009年6月 4日

[plamo:29805] buidrootのconfigファイルアップロードしました。

名倉@次に向けた私家版環境一昨日動きだした です。

  busybox + uclibc なPlamoってできたらおもしろいなと
  しばらく前から手元のPamo-4.6上でbuildrootをごそごそやっていましたが

  とりあえず安定してカーネルコンパイルができるようになりました。

  その環境作成時のconfigファイルbuildroot-config20090529i486を

  Plamo-testに置きました。

buildroot-20090523.tar.bz2,buildroot-20090529.tar.bz2を使用しました。
  buildroot-2009.05.tar.bz2もコンパイルはしてみましたが未動作です。

  linux-2.6.29.1 と linux-2.6.29.4 をセルフコンパイルできることを
  確認しています。

  コンパクトなのでPlamo-4.6に比べると制約多々あります。
  (Plamoにもどってくるとほっとします。) 

興味ある方はどうぞ。     

投稿者 xml-rpc : 2009年6月 4日 18:43
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85622
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。