2009年4月24日

[plamo:29722] Re: xf86-video-intel 2D 3D performance regression

本多です

> きしだです

すいません。plamoに投稿しているつもりが、
直接のmailが行ってしまいました。ごめんなさい。

> gem関連でoutと言うのはこれですね

>
> internet.com発の記事
> > また Linux 2.6.28 は、Linux に動画の新時代をもたらす
> > かもしれない。
> > Novell で Linux カーネルの開発に携わっている Greg
> > Kroah-Hartman 氏は次のように語った。「新しいカーネル
> > にはビデオメモリ専用のメモリマネージャ
> >『Graphics Execution Manager』(GEM) を採用した。
> > これによって、Linux のグラフィックス性能は従来より
> > 格段に向上する」
>

ご指摘の通りです。
#引用文章の"格段に向上する"は現状"絵に書いた餅"ですけど。。

一応kernelの動向とintel graphicsの関連をまとめておきますと、

*2.6.28.start
GEMが入る。Intel graphics groupはmain lineにGEM
が入る前にTTMをはずしたdriverをreleaseしたので大騒ぎ。
しかもEXAは不完全でbuggyでslow.

*2.6.28.9
dri関連でkernelに重要なpatchが入る。これで一応安定。
私の環境では27と比べても遜色ない安定度なのでこのkernelでしばらく
安住しようかなと。。

* 2.6.29
KMSが入り、defaulがUXAになる。初めて今迄に比べて3Dのperformanceが
upしたという報告があるが、UXA+KMSでは問題も多発している模様。
2.6.29で使うならOption "AccelMethod" "EXA"が望まれる。。。

という感じです

Naofumi Honda

投稿者 xml-rpc : 2009年4月24日 13:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/84477
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。