2009年4月10日

[plamo:29678] Re: 4.6 install

本多です

On Fri, 10 Apr 2009 11:36:23 +0900
KATOH Yasufumi <karma@xxxxx> wrote:

> デスクトップ環境だけでも Gnome, KDE, XFce 全部一人で,とか大変すぎると
> 思ってます.(^_^;)

同意。個人的な経験ですがKDE 4.2.2を近頃installしました。
Qtのpatch当て(qt-copy + Debian)から始まってKDEの機能を満足に動くようにする
だけでとてもとても時間をとられました。
満足に動くようにするにはKDEだけで手一杯で他のdesktopの
面倒はとてもみられないという感じです。

> 4.6 リリース後に「こうした方が」という点は色々見つかってますね.とりあ
> えず
>  ・console-kit-daemon を動かすために,dbus-uuidgen を実行する
> http://plamo.linet.gr.jp/index.php?Plamo-4.6%2F%C9%D4%B6%F1%B9%E7%CA%F3%B9%F0%2F5
>  ・本多さんもご指摘の hald の起動権限の変更
> http://d.hatena.ne.jp/defiant/20090309#1236592100
> あたりは必須でしょうか.

そうですよね。 udev-hal-dbusは確実に動作するようにした方が良いと思います。
これからは、hal-dbus経由でhardwareを操作する事になるでしょうから。。。
問題はこれらの情報が散逸していたり、内部構造の解説に力が入っていて
実用的な解説があまりないという事でしょうかね?

> あと,console-kit-daemon がちゃんと動かすと,udev 内で pmount でやって
> いる処理は不要で,例えば XFce 環境だと thunar-volman パッケージを追

僕も同意で、udev rulesでmountは避けた方が良いと思います。

あと、udev rule filesはdefaultのudevのinstallの他にudev-configや
udevのudev/rules/packagesからのrule filesのinstallも必要だと思うのですが。。。

#いつもこの辺りで疑問に思う事はPlamoとしてはどうなのかという事です。
#動くものは提供しているのだから現状で良しとするのか、
#それとも、痒いところまで心配りした物を提供するのか、という点です。

まああ、どちらにしろ私個人としては、Plamoは大変気にいっているので
使い続けますけど。。

Naofumi Hodna

投稿者 xml-rpc : 2009年4月10日 13:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/83975
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。