2008年4月22日

[plamo:29127] Re: ghostscript with opvp

まえやまです。
連絡ありがとうございます。

>LBP-1310 って LIPS IV 対応 (みたい) ですから,
> http://ten-forward.seesaa.net/article/13987399.html
>でダメですか?

早速試してみました。デバイスの指定が間違っているようで、テスト印刷ができません


行った作業を以下に書きます。解決のヒントがありましたらおしらせください。

OSは、Plamo-4.22 のXが起動するお任せインストールのままです。
modprobe parport_pc; modprobe lp として設定された, /dev/lp0
にまず、直接テキストファイルを 出力し、階段状に印刷できることを確認した後
上のページにある、Canon-LIPS-IV-lips4.ppd をget し、指摘のように一部を修正、
CUPSを再起動し http://localhost:631 でプリンタの追加を行いました。
デバイスの設定のページで、プルダウンで
「Gutenprint parallel port #1(Canon LASER SHOT LBP-1310)」
が表示されるのでそれを選択しました。(この設定では、デバイス URL:canon:/dev/lp0
となるので、URL :parallel:/dev/lp0 に変更して試しましたが、結果は変わりません
でした。コマンドライン lpadmin -p LBP1310 -v parallel:/dev/lp0 -P /usr/share/c
ups/model/Canon-LIPS-IV-lips4.ppd -E としても、「プリンタと接続できない」と表
示され、テストプリントができません)

設定の後、テストプリントをすると、
"Parallel port busy; will retry in 30 seconds..."
で印刷できません。
lpqの出力は
maeyama@xxxxx:~$ lpq
LBP1310 は準備ができており印刷しています
"ランク 所有者 ジョブ ファイル 合計サイズ
active root 18 Test Page 17408 バイト
のままです。プリンタはデータ受け付けの状態になっており、印刷をはじめると
プリンタの液晶表示が、"ghostscript" に変化するので、某かのデータはきている
ようですが、それ以上動きません。

関係ないとおもいますが、ブラウザでプリンタを追加する際、/var/log/syslog に
Apr 22 14:16:24 karen python: [3946] error: Unable to set locale.
がでる。

投稿者 xml-rpc : 2008年4月22日 14:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/72403
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。