2008年4月 9日

[plamo:29075] Re: Plamo-4.22のisoイメージでVMwareにinstallすると

尾形です。

問題の内容がまったく間違っていました。
時間がなく作業ができず遅くなりもうしわけありません。

kernel Panicが起こるのはisoイメージでのinstallとかは関係なく
VMwareの新規作成ウイザードでディスクを2GBに分割するを
選択した場合に起こるようです。


ウイザードのデフォルトのまま(Windowsホストの場合)
2GB分割を選択しないとisoイメージ及びDVDでも問題なく
install後の起動が出来ます。ただPlamoホスト(手元にないので)
による確認はまだですが、ホストはWindows2000とXPでは
再現しました。

ここではVMwareの利用者が多いのでおそらくFAQかなと思い
投稿しましたが、Plamoホストでのinstallの時混乱し内容が全く
別にものになってしまいました。(Linuxホストの場合は
2GB分割がデフォルトだったかも)

「VMwareで2GB分割を選択しPlamo-4.22をinstallすると」
という表題になると思います。

ではよろしくお願いします。

早間 wrote:

>早間です。
>
>>VFS: Cannot open root device "sda1" or unknown-block(0,0)
>>
>
>インストールされた kernel が scsi 対応していない kernel ではありませんか。
># あるいはドライバが入っていない。
>
># lspci
>..
>SCSI storage controller: LSI Logic / Symbios Logic 53c1030 PCI-X Fusion-MPT Dual Ultra320 SCSI (rev 01)
>..
>
>だと fusion が組み込まれていないと実行できない。
>
>他に vmware イメージがあるのなら、panic ディスクをマウントして、scsi 対応の
> kernel
> /lib/module/2.6...
>を(e.g. Plamo-4.22.dvdから)コピーしてみたらいかがですか。
>
>-- 早間 義博
>


投稿者 xml-rpc : 2008年4月 9日 20:48
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/71950
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。