2008年2月25日

[plamo:28937] Plamo 4.22 の uimでの変換候補の表示位置

荒木田です.

Plamo 4.22 + Xfce 4.4.2 環境で,ターミナルや Firefox 等のへの
日本語入力を kinput2-canna から uim/anthy に変えてみました.

uim-pref-gtk で変換の際の候補ウィンドウの表示位置をカーソルに
隣接させる設定にしているのですが,アプリケーションによって
この設定が有効になったりならなかったりしています.


mlterm,skencil,Xfce4 の環境設定等では,変換候補がカーソルに
隣接するのですが,xfterm4,Firefox 等では変換候補がカーソル配下では
なく,ウィンドウの左下に現れます.

uim-1.2.1-i386-P2.tgz と anthy-7900-i386-P1.tgz は
Plamo-4.2/contrib/FEP 配下のもので uim-pref-gtk の全体設定で
変換候補の表示位置を「カーソルに隣接」にしています.また,.uim に

(require "japanese.scm")
(define ja-rk-rule
(append '(
; @@ で全角スペース
((("@" "@") . ()) (" "))
; 句点は全角カンマ
(((",") . ()) ("," "," ","))
; 読点は全角ピリオド
(((".") . ()) ("." "." "."))
)
ja-rk-rule))

の設定をいれて,.xinitrc で,

export GTK_IM_MODULE=uim
export XMODIFIERS=@im=uim
uim-xim &
uim-toolbar-gtk &

という形で起動しています.

Xfce4 は Plamo-test/for-4.2x/XFce-4.4.2 のものを,mlterm は 4.22 の
contrib から,skencil は /usr/share/doc/skencil-0.6.17/ 配下の
PlamoBuild.sh を使って自前で構築したもの,Firefox は,

http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

から取得したもの (2.0.0.12) を使っています.

しかし,手元にある Plamo 4.21 + Xfce 4.2.3 の環境では
同様な設定で (uim-1.2.1-i386-P2.tgz と anthy-7900-i386-P1.tgz) で
Firefox などでカーソル位置に変換候補が現れます.

できれば 4.22 環境でも変換候補がカーソルに隣接してくれると
使いやすいなぁ,と思っているのですが,なにか見落としている点が
あるでしょうか?


--
荒木田 英禎

投稿者 xml-rpc : 2008年2月25日 12:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/70295
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。