2008年2月 8日

[plamo:28872] Re: CUPS euc-jp error

On Thu, 07 Feb 2008 23:35:27 +0900 (JST)
KOJIMA Mitsuhiro <kojima@xxxxx> wrote:

|
| From: Akira Matsui <akira_matsui@xxxxx>
| Subject: [plamo:28867] CUPS euc-jp error
| Date: Wed, 6 Feb 2008 18:08:44 +0900

| > Plamo4.22 でCUPS によるEUC-JPのテキストファイルを印刷することは出来るの
| > でしょうか?もしくはCUPSにEUC-JP対応パッチをあてる必要があるのでしょうか?
| > 先ずはドライバ/フィルターの問題との切り分けを行いたいと考えております.
|
| きちんと CUPS の動きを見てはいないのだけど,cups に投げる前に a2ps あた
| りで Postscript 化しておく,というのは不可ですか?

芳賀と申します。
CUPS のソースにパッチを入れるというようなことをせずに、euc-jp のテキスト印刷を
するには、次のような方法もあります。

Vine Linux (euc-jp環境)+CUPS (cups-1.1.23-0vl7.3) で、euc-jp のテキストファイルを
問題なく印刷できております。プリンターは Epson PX-V630 です。
Vine の場合は、プレーンテキストの印刷方法に多少細工をしているようです。
要は、プレーンテキストの印刷の場合だけ、CUPS のフィルターではなく、「特製」フィルター
を使い、その中でテキストから PostScript に変換しています。

「プレーンテキストの場合だけ」 というのは、/etc/cups/mime.convs にある、以下の MIME
形式になっています。それを "texttops"(CUPS純正??) から "cjktexttops" に置き換えています。
application/x-cshell application/postscript 33 cjktexttops
application/x-perl application/postscript 33 cjktexttops
application/x-shell application/postscript 33 cjktexttops
text/plain application/postscript 33 cjktexttops
text/html application/postscript 33 cjktexttops

で、"cjktexttops" は、実は "/usr/lib/cups/filter/cjktexttops" になっていて、この中で mpage
コマンドを使って PostScript に変換しています。

ただ、このやり方では、CUPS でサポートされている lp コマンドなどのオプションの中で、
使えなかったり働きがちょいとおかしかったりするものが出てきます。そのあたりについては、
[vine-users:077349] CUPS lp コマンドの "-o page-left=xx" が効かない
を読んでもらうといいかもしれません。

などという方法はどうでしょうか。
--芳賀

投稿者 xml-rpc : 2008年2月 8日 00:53
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69544
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。