2008年2月 3日

[plamo:28863] Grip2.96 の設定について

午後のこーだ petit313.tgz をインストールして、
installpkg でgrip-2.96-i386-P1.tgzをインストールしました。

CDを吸い出し/エンコードしようとしたのですが、
リッピングがうまくできてなさそうです。

cdparanoia -svQ とすると、/dev/sr0は対象デバイスではなさそうです。
/dev/sg0が有るとよさそうなのですが、/dev内に有りませんでした。

make menuconfigして、SCSIの所を調べました。
Symbol: CHR_DEV_SG [=m]

│ Prompt: SCSI generic support

│ Defined at drivers/scsi/Kconfig:141

│ Depends on: SCSI

│ Location:

│ -> Device Drivers

│ -> SCSI device support
で、moduleになっています。
そこで、/etc/rc.d/rc.modulesの
#/sbin/modprobe sg
^を削除してコメントアウトしました。
rebootしてsg0が生成されました。

これで、gripは使えるようになりました。

問題点
gripを使った後で、KsCD等を使おうとすると、

CD-ROM の読み込みエラーまたはアクセスエラーです。
(あるいは音楽 CD がドライブに入っていません)
/dev/cdrom に対してアクセス権限があるか確認してください。

と出てきてしまいます。
DATA Diskに入れ換えて、
rootになって、
bash-3.2# mount -t udf /dev/sr0 /mnt
bash-3.2# umount /mnt
としてから、音楽CDに入れ換えて
KsCDはつかえます。
gripのどこかで、設定の足りていない所が有るのでしょうか?

投稿者 xml-rpc : 2008年2月 3日 12:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69405
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。