2007年12月10日

[plamo:28702] Re: S-ATA RAID1 でのインストールのしかた

KOJIMA Mitsuhiro さんは書きました:
> これだけでは何とも言いにくいのですが,少なくとも両者ともモジュール化さ
> れたドライバを使っているので,モジュール関連の問題という気がします.
>
> まずは unikey なモジュールとか isofs(zlib_inflate とか nls がらみのモ
> ジュールも)なモジュールが正しくロードされているかを確認するあたりからか
> な.
有り難うございます。

実は、CentOS5.0な環境で作業していましたので、
その関係も有ったりしないかと思ったりしていました。

ftp://plamo.linet.gr.jp/pub/Plamo-test/for-4.5x/plamo-4.2-071206_01_isolinux.iso
のDownLoadができました。
インストールは成功しました。インストール後のBootも成功です。
有難うございました。
※ 気付いた点
1.IDE-HDD(P-ATA)を接続していないと、パッケージインストールまで進んで、
CD-ROMから読み込みできないようなエラーが出てインストールが止まる。
2.GRUB Hard Disk Error等と出ていた時にも1.が関係していないだろうか?
IDE-CDROM (hda)をS-ATA変換器を取り付けて、scdだったかにしたら、
うまくいくのでは?
3.Linuxの場合、S-ATA,P-ATA混在の環境では、Diskとのやりとりが
うまくいかないのでは?
(IDE-ATAとIDE-CDROMでは、問題なくインストールできた。
GRUBもMBRへインストールしたが、問題なく起動できた。)

現在、RAID1で
sda1=/
sda2=/home
sdb1=swap
hda=IDE-CDROM
という構成で動いています。

インストールCDの作り方も、Plamoな環境でもう一度やってみたいと思います。
気付いた点も、お小遣いの許す範囲で、やってみたいと思いますが、
有力な情報源が有りましたら、教えてください。

投稿者 xml-rpc : 2007年12月10日 00:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/67475
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。