2007年12月 9日

[plamo:28700] Re: S-ATA RAID1 でのインストールのしかた

KOJIMA Mitsuhiro さんは書きました:
> ミスが見つかったので,日付けとかは変っていますが,モノは置いておきます.
どうも有り難うございます。
これからDownLoadしに出かけます。

> # いつの間にか kernel 2.6.23.9 になっていたり(笑
kernelをしばらく構築していなかったんですが、
すごい勢いでバージョンアップされていますね。


bootable CD を作ってみました。
教えていただいた手順の自分なりにアレンジした所は、

> ・古いパッケージの削除
> # ( cd /mnt/Plamo/plamo/Kernel ; rm kernelsrc-2.6.22.9_plamoSMP-noarch-P1.tgz )
> ・新しいパッケージを適切な場所に配置
> # cp kernelsrc-2.6.23.9_plamoSMP-noarch-P1.tgz /mnt/Plamo/plamo/Kernel
DownLoadしてみました。作業しようとしたのですが、
CD2枚目では?と思い省きました。

> ・CD ブート用のカーネルの更新
> # cd .. ; rm Systemp* config* vmlinuz* # 古いカーネルの削除
^Systempのpを抜いて実行しました。

教えていただいた通りでインストールCDができあがりました。
インストーラーの方も、RAIDカードを認識して、
sda,sdbのfdiskも出来ました。
現状で出てしまった問題点は、
インストーラーの日本語が文字化けしてしまった事。
インストール元の選択でhdaのcdromを選択したらcdrom erorrが出ている事。

また一つ、Linuxで新たな事を覚えられました。
これを応用すれば自分でカスタマイズしたインストールCDができます。
現状の問題点の対応方法はどうしたらよいでしょうか。

投稿者 xml-rpc : 2007年12月 9日 12:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/67432
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。