2006年4月 4日

[plamo:27034] Re: KDEでのボールドフォント

佐賀井です。お世話になります。
とりあえず解決しました。手順は下に示します。

06/04/04 に 田原 俊一 Shun-ichi TAHARA さんは書きました:
> From: KATOH Yasufumi
> Message-Id: <87slou0y4o.wl%karma@xxxxx>
>
> > 分からないですが,そのフォント (IPA? FS?) がボールドを持っていないから

> > ではないでしょうか.
> >
> > このあたりを最新にすると,fontconfig がボールドの合成機能を持っている
> > ので,ボールドが出るとか... ないかな...
>
> ありそう。
>
> Plamo-4.2 では、XFree86→Xorg になった絡みで、fontconfig まわりが若干
> 先祖返りしてます。正確には、XFree86-4.4 に標準で収録されていた Xft +
> fontconfig には当たっていたパッチが Xorg のそれには当たってません。
>
> 入れ換えちゃえばよかったのですが、そこまで手が回らず…
>
> # 4.2.1 での課題ですかねぇ?

で、結論としては、

ご紹介いただいたリンク、
http://blogs.itmedia.co.jp/oreore/2005/10/fedora_core__fe_ca95.html

にある情報の通り、freetype-2.1.10, fontconfig-2.3.2, libXft-2.1.7をこの
順序で入れ、font.confに追加設定する、と言うので、大筋はあっているのです
が、私の環境では、フォントのベースラインが斜めになると言う不具合が出ました。

症状としては、このブログの2月9日の状況とまったく同じで、
http://blog.good-day.net/~yabuki/diary/20060209.html

ボールドにしたフォントのところが、右に向かって少しずつ斜め上にベースラインが上がっていってしまう、と言うものです。。。
#すごくまぬけ。

しょうがないので、パッチが出てないかどうか調べたのですが、上記リンクの3月28日の日記(途中、サイトが変わっているのでURLは下記)
http://www.netfort.gr.jp/~yabuki/diary/

に解決した旨の情報があり、Deben用のパッチがありそうなのですが、うまく
見つけることはできませんでした。

一方、いただいた元情報ではFedora 5についての言及はありますが、手元
で試したFedora 5では確かに問題無く、疑似ボールドが表示されていたので、Fedora5用のソースパッケージを探して、その中にあるパッチを全部当てて、freetype2.1.10をビルドしなおしました。当てたパッチは以下の通りです。

---------------------------------------------
freetype-2.1.10-cvsfixes.patch
freetype-2.1.10-enable-ft2-bci.patch
freetype-2.1.10-fixaliasing.patch
freetype-2.1.10-fixautofit.patch
freetype-2.1.10-fixkerning.patch
freetype-2.1.10-memleak.patch
freetype-2.1.10-xorgfix.patch
--------------------------------------------------

specファイルを見るかぎり、一番最初のパッチがemboldingに有効なようですが、確認はしていません。

で、パッチ後、普通にビルドして全部/usr/X11R6に突っ込んだら、やっとまとも疑似ボールドが綺麗に表示されました。

結構大変でした。
たかがボールド、されどボールド、でしょうか。

> > > #ここでも一点不思議な点があって、ktermにはSCIMからは
> > > #入力できません。ximの設定も見直してみましたがダメです。
> > > #rxvtなどは入力可能です。
> >
> > kterm 使ってないなあ...
>
> KTerm*openIM: true とか。
>
> # Ctrl+中ボタンのメニューで、一番下の「IMを開く」にチェックが入ってな
> # ければビンゴです

4.02の環境を引き継いでいるので、この設定はオンになっていました。
ktermだけがダメなんです。添付のrxvtとか、自分でビルドしてみた
mltermなどは問題なく、xim経由で入力できます。
今はSCIMですが、uim-anthyでも同様の症状でした。。。不思議です。

ありがとうございました。
--
----+----1----+----2----+----3----+----4----+----5----+----6----+-
Shigeo Sagai sagatsagai@xxxxx
sagai@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2006年4月 4日 17:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34393
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。