2012年7月11日

[pgsql-jp: 41147] Re:サーバープロセスが例外0xC0000409で終了し、PostgreSQLサービスが停止

高塚と申します。

「クラッシュが起きます」という障害修正が、
8.3.16、8.3.17、8.3.18、8.3.19 の修正内容に散見されますので、
運用としては、マイナーバージョンアップをしたいところですね。

あとは、ワトソンログのスタックトレースが取得できていれば、
障害特定の助けになるかもしれません。再現パターンが分かるのが

一番ではありますが。


On Wed, 11 Jul 2012 15:29:22 +0900
fx HABAGUCHI KATSUHITO <katsuhito.habaguchi@xxxxx> wrote:

> 富士ゼロックスの幅口です。
>
> お客様先の環境で、PostgreSQLのサーバープロセスが例外0xC0000409で終了し、
> PostgreSQLサービスが停止してしまいました。
> ※それまでは正常に動作しており、本事象の発生も1回のみです。
>
> (環境)
> OS:Windows Server 2008 R2(vmware仮想環境)
> メモリ:4GB
> PostgreSQLバージョン:8.3.15
> クライアント:libpqを使用したC++アプリケーションでlocalhost接続
>
> (サーバー側ログ)
> LOG: server process (PID 1124) was terminated by exception 0xC0000409
> HINT: See C include file "ntstatus.h" for a description of the hexadecimal value.
> LOG: terminating any other active server processes
> WARNING: terminating connection because of crash of another server process
> DETAIL: The postmaster has commanded this server process to roll back the current transaction and exit, because another server process exited abnormally and possibly corrupted shared memory.
> HINT: In a moment you should be able to reconnect to the database and repeat your command.
> LOG: all server processes terminated; reinitializing
> FATAL: pre-existing shared memory block is still in use
> HINT: Check if there are any old server processes still running, and terminate them.
>
> クライアント側のログにより、クライアント側のPQconnectdbで本現象が発生して
> おり、サーバー側プロセス起動直後に例外終了したものと思われます。
> (0xC0000409は、ntstatus.hで調べるとSTATUS_STACK_BUFFER_OVERRUNでした)
>
> 本現象について、原因・対応策など皆様方のご意見を伺いたくて、投稿させて
> いただきました。
> よろしくお願いします。
>
> ※備考:本現象発生時は、56個のクライアントアプリケーションのそれぞれが
> 5秒おきに、接続/SELECT/切断を繰り返している状況でした。
>
>
> //幅口
>


投稿者 xml-rpc : 2012年7月11日 16:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110063
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。