2012年7月10日

[pgsql-jp: 41144] Re:ANYを使用した問い合わせについて

井野です。

言葉足りずで申し訳ありません。

あくまでサンプルでしたので、範囲が同じ値とは限りません。

where
(A >= 100 and A <= 300)

or (B >= 100 and B <= 300)
or (C >= 100 and C <= 300)

ということです。

抽出仕様は、複数の項目に対して範囲で抽出する。
その際、上限と下限の両方を指定する時もあれば片側だけの時もある。

これを、パターン化すると

パターン1:
where
(A >= 100 )
or (B >= 100)
or (C >= 100)

パターン2:
where
(A <= 300)
or (B <= 300)
or (C <= 300)

パターン3:
where
(A >= 100 and A <= 300)
or (B >= 100 and B <= 300)
or (C >= 100 and C <= 300)

になります。

その際に、項目数が多くなるとorの記述が増えていくので、
Anyで項目列挙に留められればと思った次第です。


投稿者 xml-rpc : 2012年7月10日 20:56
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110060
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。