2012年6月21日

[pgsql-jp: 41139] Re:システム時刻が1秒戻ることへのPostgreSQLの影響

花田です。

(2012/06/08 10:41), yukari_yamaguchi@xxxxx wrote:
>> ただ、何かの処理が永久ループになったり、プロセスが止まってしまうなどの影
> 響は
>> ないと思います。そのような話も特に聞いたことはありません。
>
>  →このような事例が無いのか気にされている人がおりましたので、

>   大変参考になりました。

開発中の 9.3 の変更ログを見ていたら、このスレッドに関連しそうな修正が
入っていました。

http://git.postgresql.org/gitweb/?p=postgresql.git;a=commitdiff;h=9e18eacbdff2ae2abd5ff38eee725e6399e39b41

手動での時刻変更などでシステムクロックが過去に戻った場合に、統計収集器が
実行時統計情報を正しく更新できない場合があるそうです。システムクロックが
進んで、最後に実行時統計情報をファイルに書き込んだ日時まで到達すれば、そ
れ以降は再び統計収集が再開されるようです。

データベースとしての動作には致命的な影響はありませんが、時刻を巻き戻して
から変更直前の時刻に再び進むまでの期間は統計値がカウントされないようなの
で、秒〜分オーダーでの性能監視をしている場合は要注意、といったところで
しょうか。

しばらく検証環境で様子を見た後、過去バージョン(9.2 や 9.1)にも変更を反映
するか判断するようです。

--
株式会社メトロシステムズ
花田 茂
Mail : hanada@xxxxx
Tel : 03-5951-1219
Fax : 03-5951-2929


投稿者 xml-rpc : 2012年6月21日 12:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/111016
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。