2012年6月 1日

[pgsql-jp: 41122] Re:システム時刻が1秒戻ることへのPostgreSQLの影響

あさかわです。

On 2012/06/01, at 16:02, <kasaharatt@xxxxx> <kasaharatt@xxxxx> wrote:

>> 2011年7月1日にうるう秒が挿入されることになっていますが、
>> 私の使用しているサーバーではうるう秒は挿入しないため、
>> 実際時刻より1秒進んでいる状態となります。
>> そして、次の時刻同期のタイミングで元の時刻に戻ることとなります。

>

次の時刻同期とありますがどうやって、時刻同期をしているのでしょう?
うるう秒のありなしにかかわらず、システムの時計のカウントは、正確ではありません。
ですから、つね日頃から時計は、進んでいたらい遅れていたりしているはずです。
それを、いきなり時間が変わらない様に、じわじわ同期するのが、最初の方の引用されたntpです。
なので、ntpをつかっていれば、気にする必要はないです。
また。ntpを使わずに、時刻同期をしていたのだったら、いつも、数秒や、数マイクロ、もどったり進んだりしている事のはずです。


投稿者 xml-rpc : 2012年6月 1日 23:22
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110818
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。