2012年5月24日

[pgsql-jp: 41110]unloggedなテーブルのスレーブでの参照

松崎ともうします。お世話になります。

9.1.2を同期レプリケーションモードで構成しています。

ワークテーブルとして使っているunloggedオプション付きのテーブルがあるのですが、
unloggedを付けていると、以下のような場合そのテーブルを参照した時にエラーになってしまいます。

1. スレーブ側でダンプを取得する時

→ pg_dump: サーバのエラーメッセージ: ERROR: could not open file
"pg_tblspc/16384/PG_9.1_201105231/89589/270288": No such file or
directory
2. マスタに障害が発生してスレーブがマスタに昇格後、そのテーブルをDELETEやSELECTする時。
→ エラーメッセージはダンプ取得時と同じです。テーブルをdropしてcreateし直すとエラーは出なくなります。

ワークテーブルなのでレプリケーションが不要な事と、
パフォーマンスを上げるためにunloggedにしています。

マニュアルも見たのですが、レプリケーション構成の時は、
unloggedを使えないという記述を見つけられませんでした。

unloggedを付けなければ、とりあえずは問題ないですが、
解決方法をご存知であれば教えてください。

以上、よろしくお願い致します。

--
松崎 学 <matsumana@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2012年5月24日 15:41
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110574
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。