2012年5月13日

[pgsql-jp: 41107]pgpool.pid ファイルの削除タイミングとその条件について

kawahara と申します。

RHEL 5
postgresSQL 8.3.7
pgpool? 2.2.2
のバージョンでデータベース環境を作成しております。

先日、UPSでシャットダウン後起動すると、pgpoolサービスが起動しません。

pgpoolのログを確認すると、以下の文字が。

pid file found. is anothser pgpool(pid 実際は数値) is running?

確かに、pgpool.pid ファイルが存在し、ファイルに記載された数値は、
上記ログに記載された数値。

リネーム後pgpoolサービス起動すると、起動できました。

pgpool.pid は、pgpoolサービス停止によりファイル削除されると
推測しており、UPSシャットダウン時にpgpoolサービスが停止できていないと
思われます。
環境構築後3年経過しており、過去のシャットダウン時は
発生しなかった現象です。


pgpool.pid ファイルが削除されるタイミングとその条件について、
御教示いただけないでしょうか。


投稿者 xml-rpc : 2012年5月13日 05:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110377
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。