2012年3月 4日

[pgsql-jp: 41065] Re:swap領域のサイズについて

稲村です。

西村さん、情報ありがとうございます。

2012年3月3日22:08 NISHIMURA Yutaka <forml@xxxxx>:
> 西村です。

> この手のサーバではスワップさせれば負けですので、swapしないくらいのメモリを積んだ上で

> swapを設定しないと言うのも一つの戦略だと思いますが、swapがあれば、メモリリークした場合等の際に
> OSごと落ちる事を遅らせることが出来るので、ある程度は設定しておいたほうがよいと思います
> (滅多に使われないプロセス(ttyとか)がスワップアウトされて、
> その分メモリを他のアプリが使えるというようなメリットもありますしね)
やはり多少はあった方がいいんですね。
ちなみに32GBというサイズはハードウェア的にサポートされている最大サイズなので、
これ以上は増やせない状態です。

> コアダンプも取れますし、40GB弱有れば、最悪の場合でもswapにOSをインストールして復旧させることも出来ますので…
こちらの情報もどこかのページで見た気がします。
そういう用途にも利用できるんですね。
自分はそういう風に使ったことがないのでピンときませんでしたが、確かに起動しなくなった場合に
そういう使い方ができるといざという時に助かると思います。

参考になりました。
ありがとうございます。

投稿者 xml-rpc : 2012年3月 4日 05:40
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/108966
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。