2012年2月13日

[pgsql-jp: 41050] Re:PL/pgSQL中のループ内での変数更新

花田様

川原です。ご回答ありがとうございます。

ループカウンタについては変数を定義しなくてよかったり、
ループ内ではバージョンで挙動が違ったりと、
知らないことが多くてたいへん勉強になりました。

ありがとうございました。

--- On Fri, 2012/2/10, 花田 茂 <hanada@xxxxx> wrote:

> 花田です。
>
> (2012/02/10 18:03), xrstt070@xxxxx wrote:
> > 先日投稿させてもらった内容について自分なりに調べてみましたが、
> > 8.3.0の時点から変更されてるみたいです。
> >
> > ちなみに該当するプログラムはpl_exec.cのexec_stmt_fori関数のようです。
> >
> > ただし、この仕様が正しいのかはまだよくわかっておりませんが。。。
> > リリースノートを見てみましたが、記載されていないのですかね?
>
> おそらく、8.3 のリリースノートにある
>
> ・FORループのSTEP値の必要条件を厳密にしました。(Tom)
> ? ? 非正のSTEP値を許しません。 また、ループのオーバーフローを取り扱いま
> ? ? す。
>
> が該当する修正のようです。8.2.23 環境で提示していただいた test 関数の動
> きをデバッガで追ったところ、ループ終端でのカウンタ減算で 0 から
> 18446744073709551615 にアンダーフローして、ループが一周で終了しました。
>
> git のコミットでいうと 816ff27f60385d362898d8ac6523f043f888b1f5 です。
>
> > commit 816ff27f60385d362898d8ac6523f043f888b1f5
> > Author: Tom Lane <tgl@xxxxx>
> > Date:???Sun Jul 15 02:15:04 2007 +0000
> >
> >? ???Reject zero or negative BY step in plpgsql integer FOR-loops, and behave
> >? ???sanely if the loop value overflows int32 on the way to the end value.
> >? ???Avoid useless computation of "SELECT 1" when BY is omitted.? Avoid some
> >? ???type-punning between Datum and int4 that dates from the original coding.
>
> この修正により、各周回の先頭でループカウンタが本来のカウンタ値にリセット
> されるようになり、ループが回り始めてからカウンタを書き換えてループ回数を
> 制御する方法は使えなくなったようです。かなりわかりづらい挙動ですね。この
> 仕様ならば、いっそループカウンタは読み取り専用のほうがいい気もします。
>
> なお、ループカウンタはループ開始時に自動的に定義されるので、DECLARE で定
> 義している iCnt は実際には使われていませんでした(コメントアウトしても同
> じ挙動です)。
>
> --
> 株式会社メトロシステムズ
> ? 花田 茂
> Mail : hanada@xxxxx
> Tel : 03-5951-1219
> Fax : 03-5951-2929
>


投稿者 xml-rpc : 2012年2月13日 09:17
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/108605
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。