2012年1月16日

[pgsql-jp: 41031](リマインド) JPUG 勉強会のおしらせ

みなさま、
勉強会のおしらせです。

2012年1月21日、
PostgreSQLのしくみ分科会+アプリケーション分科会では、以下の要領で勉強会
を開催します。

講演の概要は逐次公開していきます。


また、講演後に新年会を兼ねた懇親会も企画しています。

多くの方のご参加をお待ちしております。

[URL]
http://www.postgresql.jp/wg/shikumi/shikumi22

[日時]
2012年1月21日(土曜日) 受付開始 14:45 講演開始 15:00


[場所]
株式会社アシスト 本社 http://www.ashisuto.co.jp/
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/info/base/1179615_1537.html


[演題]

(1)PHPを使ったSQLインジェクション対策(前半)
講演者:坂井 潔氏 (第四企画)
概要:SQLインジェクションの脅威からシステムを守るために、
プログラミング言語/スクリプトからSQLを発行するときには、
パラメータを適切に処理しなくてはなりません。
一般に広く使用されているPHPスクリプトを使い、
SQLインジェクション対策として最も簡単で効果的な方法を説明します。


(2)xml_fdw XMLファイルをPostgreSQLの情報源として扱う外部データラッパの試作
講演者:原田 登志氏
概要:PostgreSQL 9.1からサポートされたSQL/MEDの機能の一部、"Foreign Data
Wrapper(FDW)"の仕組みを使ってXMLファイルへのアクセスを行うドライバを試作
しました。その体験を元に、外部データラッパの作成方法を説明します。
http://www.postgresql.jp/wg/shikumi/copy_of_study22_materials/jpug__xml_fdw.pdf/download


(3)なんちゃってEarly Lock Release --実装と評価--
講演者:堀川 隆 氏
概要:WALのボトルネックを軽減する手法として前回紹介したEarly Lock
ReleaseをPostgreSQLに実装してみました.ここでは,その効果をDBT-1ベンチ
マークを使って評価した結果,および,実装方法について説明します.
なお,実装は試作レベルで,特に障害発生時におけるWALからのデータ復旧につ
いての検証は充分ではありません.講演では,実装方法について議論させて頂く
と共に,様々なご意見を頂戴できれば幸いと考えております.


[UStream & twitter]
http://www.ustream.tv/channel/jpug-shikumi で中継予定です
(ハイフン"-"はアンダースコア"_"になるかもしれません)。

ハッシュタグ: #jpug_study

[中止の場合]
急遽中止にする場合はJPUGのサイトにて発表します。余震などなんらかの災害や
アクシデントがあった場合はJPUGのページをご確認ください。
なお、災害やアクシデントがあってもJPUGのページにアクセスできない、または
JPUGのページが更新できない可能性もあります。その場合はご自身の判断で危険
を犯さず安全に行動していただきたいと思います。


[講演者募集]
次回以降の勉強会で講演、発表頂ける方を随時募集しておりますので、自選他薦
問わずご連絡ください。


以上、よろしくお願いします。

投稿者 xml-rpc : 2012年1月16日 14:13
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/108152
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。