2011年11月16日

[pgsql-jp: 40987] xlogdump 0.5.1 released

pgsql-jpな皆様、

こんにちわ、永安です。

先日、バージョン0.5.0をリリースしたxlogdumpですが、
いくつか修正、拡張したバージョン0.5.1をリリースしました。
興味のある方はぜひお試しください。

このバージョンから、データベース接続をしていなくても、
PostgreSQLのデフォルトの組み込みオブジェクトについては、
OID→オブジェクト名の変換をして表示することができるようになりました。

なお、バージョン0.5.1での具体的な変更点は以下の通りです。
----------------------------------------------------------------------
2011-11-15 Satoshi Nagayasu <satoshi.nagayasu@xxxxx>
* Version 0.5.1
* データベース接続をしてシステムカタログを参照しなくても、
`oid2name.txt' ファイルを読むことで、組み込みのデータベース
オブジェクトのOIDからオブジェクト名に変換できるように拡張。
* oid2name ファイルを指定する '-f, --file' オプションを追加。
* システムカタログを参照して oid2name ファイルを生成する
'-g, --gen_oid2name' オプションを追加。
----------------------------------------------------------------------

xlogdumpは以下からダウンロードすることができます。

Downloads for snaga's xlogdump - GitHub
https://github.com/snaga/xlogdump/downloads

READMEは以下の通りです。
https://github.com/snaga/xlogdump/blob/REL0_5/README.xlogdump

なお、これまでのリリースについては以下を参照してください。

[pgsql-jp: 40934] xlogdump 0.5.0 released
http://ml.postgresql.jp/pipermail/pgsql-jp/2011-September/015890.html

[pgsql-jp: 40913] xlogdump 0.4.0 released
http://ml.postgresql.jp/pipermail/pgsql-jp/2011-September/015869.html

以上、よろしくお願いします。
--
NAGAYASU Satoshi <satoshi.nagayasu@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2011年11月16日 08:48
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107364
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。