2011年10月 5日

[pgsql-jp: 40950] Re:create language plpgsql databasename とは?

こんばんは、
返信いただきありがとうございました。


--- On Tue, 2011/10/4, Itagaki Takahiro <itagaki.takahiro@xxxxx> wrote:

> 2011/10/4 tanaka <tanaka_hideo@xxxxx>:
> > 第 35章手続き言語

> > のところに書かれている
> > 「ハンドラそのものはC言語関数で、他のC言語関数と同様に、共有オブジェクトにコンパイルされ、要求に応じてロードされます。」
> > が、実施されるという理解で良いでしょうか?
>
> プロシージャ言語を含めた PostgreSQL の拡張モジュールは
> 一般的に、以下のステップを経て使えるようになります。
>
> 1. ライブラリ・ファイルをファイルシステム上に配置する。
> ???(.dll や .so の拡張子を持つファイル)
> 2. ライブラリ・ファイル内の関数を、PostgreSQL データベースに
> ???登録するために、登録用SQLを実行。
> 3. 実際にアプリから機能を使う際に、ライブラリがロードされる。
>
> plpgsql のライブラリ・ファイルは、PostgreSQL本体と一緒に
> インストール済みなので、通常は 1.の手順は要りません。
> plpgsql 自体は、C言語で書かれていますね。
>
> CREATE LANGUAGE は、2.に相当する操作で、データベースに
> ライブラリを登録するための操作です。
>
> そして、3.として、CREATE FUNCTION した関数を呼び出すと、
> 実際にライブラリがロードされ、実行されることになります。
>
>
> ……という感じで、イメージは伝わるでしょうか?
>
> --
> Itagaki Takahiro
>


投稿者 xml-rpc : 2011年10月 5日 21:42
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/106716
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。