2011年8月 8日

[pgsql-jp: 40881]自動リカバリが発生した原因の調査方法について

いつも拝見させていただいております。
佐藤と申します。お世話になっております。

以下の★印のメッセージが出力された原因を究明したく、調査方法
(どのシステムカタログの見れば分かるか?、情報参照先等)を
教えていただけますと幸いです。

■環境

・Windows 2003 Server R2 SE
・PostgreSQL 8.3.7
・Tomcat 6.0.18 JDK 1.6.07   

■ログ情報(pg_log)
2011-08-05 00:02:59 JST LOG: automatic analyze of table "TABLE_A" system
usage: CPU 0.00s/0.21u sec elapsed 8.14 sec
2011-08-05 00:02:59 JST LOG: automatic analyze of table "TABLE_B" system
usage: CPU 0.00s/0.07u sec elapsed 0.07 sec
2011-08-05 01:30:00 JST LOG: database system was interrupted; last known up
at 2011-08-05 00:09:06 JST ★
2011-08-05 01:30:00 JST LOG: database system was not properly shut down;
automatic recovery in progress ★
2011-08-05 01:30:00 JST LOG: record with zero length at 19/F8625D60
2011-08-05 01:30:00 JST LOG: redo is not required
2011-08-05 01:30:01 JST LOG: database system is ready to accept connections
2011-08-05 01:30:01 JST LOG: autovacuum launcher started
2011-08-05 11:40:41 JST LOG: database system was shut down at 2011-08-05
11:41:45 JST
2011-08-05 11:40:42 JST LOG: database system is ready to accept connections
2011-08-05 11:40:42 JST LOG: autovacuum launcher started
2011-08-05 11:49:31 JST LOG: loaded library
"$libdir/plugins/plugin_debugger.dll"
2011-08-05 11:49:36 JST LOG: loaded library
"$libdir/plugins/plugin_debugger.dll"
・・・以降、通常稼働OK。p

■稼働状況の補足
・00:00
 日次バッチの実行(0:02終了)。その後アナライズが自動で実行。
・01:30
 何らかの割込みを検知。自動でリカバリ処理が走る。時間帯的に
 業務利用はなく、USERによるトランザクションは一切発生していない。         
・11:40
 お客様側でサーバ再起動操作を実行(リブート)。
 この後のログ調査にて本現象を認識。

※前回のサーバ再起動は昨年の12/5であり、以降DB単体の再起動もなく
 連続稼働状態にありました。
※環境に記載したS/W構成/バージョンで稼働して丸2年になりますが、
 本現象ははじめてです。

よろしくお願いいたします。


投稿者 xml-rpc : 2011年8月 8日 20:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105506
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。