2011年7月21日

[pgsql-jp: 40863] Re:pg_hba.confのtrustについて

2011/7/20 wada3 <wada_chan2@xxxxx>:
> サーバはユーザの管理者が触れるので、その方がパスワードを知らなくても
> pg_hba.confをtrustに書き換えてしまえば、結局は直接データが触れてしまうと
> 思うのですが、それを防ぐ方法はないでしょうか?

pg_hba.conf を書き換えられるということは、Postgres のデータファイル
そのものも読み書きできるということなので、認証機能で守ろうとしても
実質的に意味はないと思いますよ。


OSレベルで root または postgres ユーザ権を許しているということ
でしょうから、DBレベルではどうしようもないです。OSのその他の
セキュリティ機能 (SE-Linux とか?) で、正規で無いルートでの
ファイル改変を防ぐかたちになるのではないでしょうか。

> pg_hba.conf自体を無効するような機能はないのでしょうか?

無効化はできません。また、シングルユーザモードでの起動もできるので
やっぱりあまり意味はないと思います。

--
Itagaki Takahiro

投稿者 xml-rpc : 2011年7月21日 10:01
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105259
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。