2011年7月 1日

[pgsql-jp: 40840]WindowsServer2K8でのPITRバックアップについて

皆様、お世話になります。

現在、VMwareで仮想化したWindows Server 2008 SE(32bit)上で
PostgreSQL 8.4.8を稼働させているのですが、
こちらのPITRバックアップ方法についてご教示お願いします。

dataファイル:C:\pgsql\8.4\data
バックアップ先:C:\pgsql_pitr\archlog

の状態で、

タスクスケジューラにて、pg_start_backupを発行し、
その後pg_stop_backupを発行しているのですが、

linux版でいうrsyncを行う必要はありますでしょうか?
現在はその代わりに、上記コマンド後にdataファイル配下を丸ごとバックアップ
していますが、
古いアーカイブの削除を行っておりません。
(linux版ではスクリプトでawkを使って実現していました)

Windows版で同様のバックアップを実現するには、
どのように設定すればよいでしょうか?

以上、よろしくお願いします。


投稿者 xml-rpc : 2011年7月 1日 11:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104853
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。