2011年6月24日

[pgsql-jp: 40817] Re:『 OSS-DB 標準教科書』(仮称)開発プロジェクトのお知らせ

小山です。こちらにも飛び火しましたか...。

2011/6/23 Toru Mi.YAHARA <tmiyahar@xxxxx>:
> その際に、「ネーミング重要」という私の考えからすると、悪くないネーミングだと思っています。

私も「名前重要」という考えは同じですが、今回のネーミングはセンスが悪く
看板に偽りありだと思っています。

> たとえば、PostgreSQLがOSSではないDBなのに「OSS-DB」と名乗るのはどうかと思いますが、
> OSSであるPostgreSQLの試験を「OSS-DB試験」とすることに論理的な間違いはありませんし、
> 実利を取りに行くべきだと思っています。

OSS-DB も DB の一種にすぎないのだから「DB試験」という名前にすることに論理的な間違い
はありませんが、それでは名は体を表すことにはなりません。今回の「OSS-DB試験」という名前
に関しても同じ違和感を感じます。

PostgreSQL についてのみの試験なんだから「PostgreSQL試験」では何故いけないのでしょうか?

OSS-DB という上位概念をわざわざ使うことによって、マーケティングがやり易くなるかといえば
そんなことはないように思いますし、PostgreSQL 以外の OSS-DB コミュニティの反発を買ってまで
その名前にこだわる理由が私には理解できません。

--
小山哲志
koyama@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2011年6月24日 15:49
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104674
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。