2011年5月18日

[pgsql-jp: 40788] Re:pg_statsinfo 1.2でautovacuum情報取得について

佐藤です。

> お世話になります。山田です。
>
> 早速のご回答、誠にありがとうございます。
>
>>レポート対象としている期間に20秒以上かかったautovacuum
> 説明不測で申し訳ありません。

> 20秒未満のautvacuum情報もログに残す設定(log_autovacuum_min_duration = 0 )
> にしたテストもしておりますが、この場合も、監視DBの格納テーブル:
> t_autovacuuminfoは空のままでした。
>
>>checkpointの処理が行われていましたか?
> こちらも正常に処理されています。
> 前後でのエラーもありませんでした。
>
> log_autovacuum_min_duration = 0 に関わらず、20秒以上要したものでないと、
> 格納されないということでしょうか?

log_autovacuum_min_duration パラメータの値が 0 の場合には、自動バキュー
ムによるバキュームに関するメッセージがすべて出力されますね。

確認したいことが 2 つあります。

1 つ目は Syslog には自動バキュームとチェックポイントに関するメッセージ
が出力されているでしょうか。

2 つ目はデータベースサーバはどのように起動しているでしょうか。

自動バキュームとチェックポイントに関するメッセージはログフィルターとい
うもので収集されているみたいなので、以下のようにデータベースサーバを起
動する必要があるようです。

| * ログフィルターのセット
|
| ログフィルターを有効にするため、以下の用にして PostgreSQL を起動 (再
| 起動) します。
|
| $ pg_ctl -D $PGDATA start | pg_get_logfilterinfo --postgres-datadir=$PGDATA &


----
Tomoaki Sato <sato@xxxxx>
SRA OSS, Inc. Japan


投稿者 xml-rpc : 2011年5月18日 19:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103775
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。