2010年11月28日

[pgsql-jp: 40562] Re:mod_auth_pgsql の行方は?

少し挫折してまして、ご無沙汰です。
大山@走るプログラマーでございます。

誰も答えない様なので、余り内部事情に詳しくないのですがお答えします。
予想ですが、単に RedHat が手抜きしているだけだと思います。
srpm は、置いてあるので、見捨てた訳では無いでしょう。
ここら辺のミラーサイトから
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/14/Everything/source/SRPMS/

srpm を貰ってきて、rpm でインストールした後、
rpmbuild -ba スペックファイル
とやると、Fedora 14 でもちゃんと構築できて、
rpm でインストールもできました。
気になるので、動作確認もしましたが、問題なく動くようです。
公式ページも、生きている様で、元ソースからも構築できました。
http://www.giuseppetanzilli.it/mod_auth_pgsql2/

On Fri, 26 Nov 2010 21:46:17 +0900 (JST)
hogehoge <ultraloanstar@xxxxx> wrote:

> 木村@横河電機です。
>
> お世話になっております。
>
> 自宅PCにFedora14をインストールしました。
> インストール時のパッケージ選択でmod_auth_pgsqlが出て来な
> いので、おかしいなと思っていました。
>
> 後付けで、
> yum install mod_auth_pgsql.i686
> とインストールしたら、
> mod_auth_pgsql-2.0.3-10.fc12.i686
> がインストールされてしまいました。
>
> mod_auth_pgsqlの開発は、Fedora12で中止になったのでしょう
> か?
> これが無くなると、会社の仕事で非常に困るのですが。
>
> 事情にお詳しい方のコメントをお願いいたします。
>
> --------------------------------------
> What is the No.1 drama, music and car of 2010 ?
> - Yahoo! JAPAN Net BANZUKE 2010 -
> http://pr.mail.yahoo.co.jp/banzuke/


--
Runner & Programmer Corp.
Reinin Oyama <lenin@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2010年11月28日 16:04
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100332
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。