2010年11月 9日

[pgsql-jp: 40520] Re:UPDATEエラー後の処理時間増加について

お世話になっております、友利です。

>毎回「TRUNCATE + INSERT + UPDATE」で1セットということですか?
>つまり、UPDATE 後、INSERT の前に、毎回 TRUNCATE をしていますか?
1セットです。
毎回、TRUNCACTEを実行しています。

>もしそれでも戻らないのであれば、インデックスや外部キーを

>張ったままデータをロードしていないか、チェックしてください。
>ロード中はインデックス関係は削いったん削除しておくと速くなります。
インデックスは主キーのみで、外部キーは使用していませんが、
主キーを削除するということでしょうか?

TRUNCATE/INSERT対象のテーブルとUPDATE対象のテーブルは別テーブルとなっています。
UPDATEエラー後、再度処理を実行したときにINSERT処理が遅くなるのとは何か関係があるのでしょうか?
「postgresql.conf」は、デフォルトのままです。

宜しくお願いします。

投稿者 xml-rpc : 2010年11月 9日 13:14
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/99990
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。