2010年11月 1日

[pgsql-jp: 40490] Re: 仮想メモリが解放されない

首題の件について、
フリーソフト『黒猫 SQL Studio』を使用して検証しました。

■ 環境
DB接続:ODBC接続(ドライバ:PostgreSQL Unicode 8.02.04.00)

■ 検証1
<手順>

1. DBに接続する。
2. 以下のデータを取得するSELECT文を発行する。
レコード数:231427レコード
1レコードのバイト数:327バイト
3. 手順2を繰り返す。
<現象>
物理メモリ使用量はSQL発行時点まで減少するが、
仮想メモリ使用量は減少しない。(パフォーマンスモニタにて確認)

■ 検証2
<手順>
1. DBに接続する。
2. 以下のデータを取得するSELECT文を発行する。
レコード数:231427レコード
1レコードのバイト数:327バイト
3. DBを切断する。
4. 手順1?3を繰り返す。
<現象>
物理メモリ使用量はDB接続時点まで減少するが、
仮想メモリ使用量は減少しない。(パフォーマンスモニタにて確認)

■ 結果
アプリケーションが終了するまで仮想メモリ使用量がどうしても
減少しません。物理メモリ使用量は減少しますが、物理メモリ使
用量の上昇に伴い、仮想メモリ使用量が下がらないまま上昇して
しまうため、何度もSQLを実行していると仮想メモリオーバーにより
黒猫 SQL Studioが落ちてしまいます。

■ 質問
アプリケーションが生きている間に仮想メモリ使用量を減少させる
ことはできないのでしょうか?


投稿者 xml-rpc : 2010年11月 1日 18:02
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/99656
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。