2010年10月29日

[pgsql-jp: 40486] Re:PITRでの復旧時に「チェックポイントレコードが無効」のエラー

おさ様
高塚と申します。一応、最初のメールにコメントしておきます。

>pg_xlogが無くても、SELECT pg_start_backup()からSELECT pg_stop_backup()の間に
>コピーしたファイルがあれば復旧できると解釈していたのですが、そうでもないのでし
>ょうか?

そうでもないです。


SELECT pg_start_backup() から SELECT pg_stop_backup() の間に吐き出した
トランザクションログ(WAL)ファイルがないとダメです。それを取り込むように
recovery.conf の restore_command にファイルをコピーしてくるコマンドを
記述するわけです。

それと、復旧しようという時点からみて古い pg_xlog/ 以下のトランザクション
ログファイルは有害でエラーを招きます。

確実な復旧を期すなら、(やや面倒なのですが)このへんを読んで、本来の
手順を踏んであげてください。

http://www.postgresql.jp/document/pg901doc/html/continuous-archiving.html

On Fri, 29 Oct 2010 13:09:03 +0900
おさ <osa@xxxxx> wrote:

> 自己レスです。
>
> pg_resetxlogを使用して、トランザクションログをリセットすることで
> 起動させることが出来るようになりました。
>
> --
> +-----------------------------------------------------------------------+
> HANDLE:おさ
> EMAIL :osa@xxxxx twitter:osapon URL http://www.osa-p.net/
> +-----------------------------------------------------------------------+


投稿者 xml-rpc : 2010年10月29日 16:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/99572
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。