2010年10月29日

[pgsql-jp: 40483] Re:仮想メモリが解放されない

2010/10/29 錦戸 暖 <d-nishikido@xxxxx>:
>> プーリン グしないように設定して試してみます。
> 以下のように設定し、プーリングをOFFにしようと試みましたが、
> コネクションポインタをクローズしても仮想メモリが減少しません。

プールを使わない、つまり切断時にサーバプロセスを終了することで
メモリが解放されるのは、あくまで「サーバ」側です。
今回は「アプリ」が仮想メモリのリーク(?)としていると

いうことなので、プーリングはたぶん関係ないでしょう。

つまり、アプリ側でのメモリリークをデバッグする話になるので、
がんばってくださいとしか言えません。ADO の使い方であれば、
このMLでも誰かが答えてくれるかもしれませんが…。

また、一般的な話ですが、仮想メモリのリークって、本当に
メモリリークなんでしたっけ? free() した仮想アドレスが
返却するか否かは、Cランタイムの作りに依存していたはずです。
該当の処理を繰り返してみて、本当に修正が必要なリークなのか
確認するのが先決なのでは。

--
Itagaki Takahiro

投稿者 xml-rpc : 2010年10月29日 14:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/99569
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。