2010年10月20日

[pgsql-jp: 40465] FOSS4G OSAKA

石井@SRAOSSです。

以下のようなメールがjpug-usersに流れました。

まだ反映されていないようですが、
> FOSS4G OSAKAタイムテーブル
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010osaka-time-table/
15:30からPostgreSQLコミュニティの紹介をしてきます。

大阪の方、11月5日にお会いしましょう!
--
Tatsuo Ishii
SRA OSS, Inc. Japan
English: http://www.sraoss.co.jp/index_en.php
Japanese: http://www.sraoss.co.jp

> 会員各位
> 日本PostgreSQLユーザ会 事務局の高塚です。
>
> オープンソースのGISソフトウェアのイベント
> FOSS4G TOKYO/OSAKA のお知らせを配信いたします。
>
> ----------------------------------------------------------------------
> JPUGの皆さま
> OSGeo財団日本支部の古橋と申します。
>
> OSGeo財団日本支部では,オープンソースのGISソフトウェアであるFOSS4Gの
> 普及を図ることを目的として,「毎年FOSS4G TOKYO/OSAKA」というイベントを
> 開催しています。
>
> 今年は何といっても PostgreSQLの空間拡張 PostGIS の開発者である
> Paul Ramsey氏が来日!!
>
> 期間は10月30日〜11月1日に東大の駒場第二キャンパスと11月2日に東大柏
> キャンパスで。11月5〜6日に大阪南港ATCと11月8日に大阪市立大学梅田
> サテライトにて開催します。
> #大阪の6日午前中は、同じ会場でジオメディアサミット西日本・ミニ
> イベントが開催されます。
>
> イベントはTOKYO/OSAKAともに最初の二日間がカンファレンス形式で,
> 三日目は「ハンズオン」としてFOSS4Gツールの利用法の実習を行います。
> 今年は,海外からPostGISの中心的開発者であるPaul Ramsey氏、
> MapServerやWindows向けのFOSS4GパッケージであるOSGeo4Wの開発
> のJeffMcKenna氏を初め四名の方が来日講演します。また,日本国内
> からは国土地理院のFOSS4CyberJapan(電子国土のオープンソース版)
> や産総研のGEOGridにおけるFOSS4Gの活用などについて話題提供を頂きます。
> ハンズオンでは,PaulRamsey氏によるPostGIS入門や,初心者のための
> QuantumGIS入門,QuantumGIS+R連携など,実際にPCを利用した実習を
> 準備しています。
>
> カンファレンスへの参加は無料ですが,ハンズオンセッションは有料
> (事前申し込みで1セッション4000円)となります。ただし,OSGeo財団
> 日本支部個人会員の方は無料でいずれのセッションにも参加できますので,
> この機会に入会を検討頂ければ幸いです(個人会員は年会費6000円,
> 学生会員は年会費3000円です)。
>
> 以下,各イベントの詳細へのリンクになります。参加申し込みはatndを
> 利用しています。
>
> FOSS4G TOKYO概要
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010tokyo/
>
> FOSS4G TOKYOタイムテーブル(準備中)
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010tokyo-time-table/
>
> FOSS4G TOKYOハンズオン
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010tokyohandson/
>
>
> FOSS4G OSAKA概要
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010-in-osaka/
>

> 会員各位
> 日本PostgreSQLユーザ会 事務局の高塚です。
>
> オープンソースのGISソフトウェアのイベント
> FOSS4G TOKYO/OSAKA のお知らせを配信いたします。
>
> ----------------------------------------------------------------------
> JPUGの皆さま
> OSGeo財団日本支部の古橋と申します。
>
> OSGeo財団日本支部では,オープンソースのGISソフトウェアであるFOSS4Gの
> 普及を図ることを目的として,「毎年FOSS4G TOKYO/OSAKA」というイベントを
> 開催しています。
>
> 今年は何といっても PostgreSQLの空間拡張 PostGIS の開発者である
> Paul Ramsey氏が来日!!
>
> 期間は10月30日〜11月1日に東大の駒場第二キャンパスと11月2日に東大柏
> キャンパスで。11月5〜6日に大阪南港ATCと11月8日に大阪市立大学梅田
> サテライトにて開催します。
> #大阪の6日午前中は、同じ会場でジオメディアサミット西日本・ミニ
> イベントが開催されます。
>
> イベントはTOKYO/OSAKAともに最初の二日間がカンファレンス形式で,
> 三日目は「ハンズオン」としてFOSS4Gツールの利用法の実習を行います。
> 今年は,海外からPostGISの中心的開発者であるPaul Ramsey氏、
> MapServerやWindows向けのFOSS4GパッケージであるOSGeo4Wの開発
> のJeffMcKenna氏を初め四名の方が来日講演します。また,日本国内
> からは国土地理院のFOSS4CyberJapan(電子国土のオープンソース版)
> や産総研のGEOGridにおけるFOSS4Gの活用などについて話題提供を頂きます。
> ハンズオンでは,PaulRamsey氏によるPostGIS入門や,初心者のための
> QuantumGIS入門,QuantumGIS+R連携など,実際にPCを利用した実習を
> 準備しています。
>
> カンファレンスへの参加は無料ですが,ハンズオンセッションは有料
> (事前申し込みで1セッション4000円)となります。ただし,OSGeo財団
> 日本支部個人会員の方は無料でいずれのセッションにも参加できますので,
> この機会に入会を検討頂ければ幸いです(個人会員は年会費6000円,
> 学生会員は年会費3000円です)。
>
> 以下,各イベントの詳細へのリンクになります。参加申し込みはatndを
> 利用しています。
>
> FOSS4G TOKYO概要
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010tokyo/
>
> FOSS4G TOKYOタイムテーブル(準備中)
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010tokyo-time-table/
>
> FOSS4G TOKYOハンズオン
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010tokyohandson/
>
>
> FOSS4G OSAKA概要
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010-in-osaka/
>
> FOSS4G OSAKAタイムテーブル
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010osaka-time-table/
>
> FOSS4G OSAKAハンズオン
> http://www.osgeo.jp/foss4g2010-osaka-ハンズオン/< http://www.osgeo.jp/foss4g2010-osaka-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%AA%E3%83%B3/>;
>
>
> 以上,長文になりましたが,「PostGISは」。
> 皆様のご参加をお待ちしております。
>
> (転送大歓迎です)
>


投稿者 xml-rpc : 2010年10月20日 10:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/99303
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。