2010年9月13日

[pgsql-jp: 40395] Re:Table Spaceの片方のスペースで障害が起きた場合

ありがとうございます!
表現が曖昧ですみませんでした。

よくわかりました。


On Mon, 13 Sep 2010 17:00:10 +0900
Itagaki Takahiro <itagaki.takahiro@xxxxx> wrote:


> 2010/9/13 加藤 健太 <kenta@xxxxx>:
> > ・重要なファイル群 以外のハードが落ちる=>該当DBのトランザクションが落
> > ちる=>該当ハードを復旧させれば、トランザクション復活
>
> たぶん、トランザクションは復活 (=継続) はしません。
> エラーが発生した時点でロールバックしてしまっている場合がほとんどでしょう。
>
> ところで、「落ちる」とか「復活」とかの曖昧な表現だと、
> ひとによって解釈が違って混乱する恐れがあります。
> なるべくデータベースの用語を使ったほうが良いと思いますよ。
>
>
> > そのハードの復旧
> > 内容が少し古かったりトランザクションが終了してなかった場合には、WALファ
> > イルからリカバリーできたりするのでしょうか?
>
> 部分リカバリはできないので、データの整合性が崩れた状態で我慢するか、
> 整合性が必要な場合は、データベース全体のリストアが必要です。
>
> ただ、テーブルスペース側のマシンが壊れた理由がディスク故障でなければ、
> その領域には、故障以降は更新されていないはずなので、
> 再接続すれば復旧できる可能性もあるでしょうね。
>
> --
> Itagaki Takahiro


投稿者 xml-rpc : 2010年9月13日 22:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/98357
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。