2010年9月 9日

[pgsql-jp: 40383] Re:ver8.4でのunionの非互換について

板垣様
カトウです。

#define INDEX_CACHE_SIZE 8
#define QUERY_CACHE_SIZE 12
としたら正常に動作しました。

ありがとうございました。

----- Original Message -----
From: "Itagaki Takahiro" <itagaki.takahiro@xxxxx>
To: "PostgreSQL Japanese Mailing List" <pgsql-jp@xxxxx>
Sent: Wednesday, September 08, 2010 10:28 AM
Subject: [pgsql-jp: 40370] Re:ver8.4でのunionの非互換について


> 板垣です。
>
> 2010/9/8 Masahiro Kato <kato@xxxxx>:
>> posgresqlを8.3から8.4にバージョンアップしたら
>> server closed the connection unexpectedly
>> 8.3ではludia-1.5.2ですが、8.4ではtextsearch_sena-8.4.5を使っています。
>
> PostgreSQL本体ではなく、textsearch_sennaの問題と思われます。
> 動作を再現できる試験パターンか、クラッシュ時のバックトレースが
> 取れたら送ってください。
>
>> AND ((col_title %% '2') OR (col_title_kana %% '2') OR (col_title_eng %%
>> '2') OR (col_subtitle %% '2') OR (col_subtitle_kana %% '2'))
>
> 複数の senna インデックスを1つのクエリで同時に使っていることが
> 関係しているかもしれません。textsearch_senna では、あまり深く考えず、
> #define INDEX_CACHE_SIZE 4
> #define QUERY_CACHE_SIZE 8
> などとしているので、1クエリ内でキャッシュが溢れると
> クラッシュするのかもしれません。
>
> 暫定対処としては、この定数を増やして様子を見てもらうのが1つです。
> また、もし常にすべての列を検索するのであれば、複数のインデックスの代わりに
> CRETE INDEX ... USING senna ON ((col_title || E'\n' || col_title_kana ||
> ...))
> のような連結したテキストに対する1個のインデックスにまとめると
> 動くようになるかもしれません。
>
> --
> Itagaki Takahiro
>


投稿者 xml-rpc : 2010年9月 9日 21:00
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/98233
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。