2010年9月 9日

[pgsql-jp: 40377]ODBCドライバの設定におけるsavepoint発行時のメモリ消費量について

片山です。お世話になります。
ODBCドライバの設定でエラー時の文単位ロールバックを設定すると、insertするごと
にsavepointが発行されAPのメモリを圧迫している状態です。
文単位ロールバック設定を全キャンセルに変更するとパフォーマンスがかなり改善さ
れます。(サーバメモリ使用量参照)
文単位ロールバックを設定することでメモリをここまで大幅に消費するメカニズムが
わかりません。
(何らかの設定を変更することで改善できるのでしたらご教授願います)

ご存知でしたら教えていただけないでしょうか。

■サーバメモリ使用量
文単位ロールバック:実メモリ450MB 仮想メモリ550MB
↓  ↓  ↓
全キャンセル:実メモリ17MB 仮想メモリ150MB

※サーバ・クライアント共にver8.2.4です。

以上です。

投稿者 xml-rpc : 2010年9月 9日 17:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/98226
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。