2010年7月 7日

[pgsql-jp: 40320] Re:サービス起動時に「startup process recovering」というプロセスで待たされる

那須野さん

加藤です。
PostgreSQLは久々であまり今回の原因でズバリ思い当たるものは
ないのですが、pg_dumpを使った論理バックアップ以外の
バックアップ方法であれば、
http://www.postgresql.jp/document/pg835doc/html/continuous-archiving.html#BACKUP-BASE-BACKUP
あたりを参考にされるのがよいかと思います。

手順としては非常にシンプルで、以下のような流れになります。

(1) SELECT pg_start_backup('バックアップラベル'); でバックアップモードに入る
(2) OSコマンド(tar/rsync/cpなど)で物理バックアップ実行
(3) SELECT pg_stop_backup(); でバックアップモードを終了

(1)の処理で比較的長い時間がかかる場合がありますが、
バックアップ処理を早く行いたい場合はマニュアルにも記載のある通り
CHECKPOINTコマンドを併用することで対応できるはずです。


投稿者 xml-rpc : 2010年7月 7日 11:24
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/96906
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。