2010年7月 7日

[pgsql-jp: 40319] Re:サービス起動時に「startup process recovering」というプロセスで待たされる

那須野です。

追記で失礼します。

データベース自体は、pg_dumpでバイナリダンプすると700MB弱になり、
まだ増える予定です。
できればpg_dumpは使いたくないと思っています。


NASUNO Isao さんは書きました:
> 加藤様、鈴木様
>
> 那須野です。
> 早速のレスをありがとうございました。
>
> 動作環境を書くのを忘れていました。すみません。
>
> CentOS 5.4
> PostgreSQL 8.3.5
>
>> 外しているかもしれませんが、$PGDATAの下にpostgresqlユーザでは
>> 削除できないパーミッションが設定されたrecovery.confファイルなどはありませんか?
>
> これは、ありませんでした。
>
>> あまり自信は無いのですが、fast で停止するとクライアント接続の強制切断を
>> 行うので、その辺りが問題でリカバリモードに入ってしまうのかも知れないなぁ
>> などと思いました。
>
> マニュアルを読んでもう一度トライしてみたいのですが、
> もう少しヒントをいただければ幸いと思い、状況を説明させてください。
>
> ウェブサービスの裏方で動いているデータベースで、クライアントからの接続が
> なくなるのを待つことが難しいと考え、fast オプションをつけています。
> 誰かがアクセスしていても、とりあえず強制切断してバックアップに入れるように
> したいのですが、定番の方法はないものでしょうか?
>
> どうぞよろしくお願いいたします。
>
>
> /那須野
>

投稿者 xml-rpc : 2010年7月 7日 10:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/96905
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。