2010年7月 7日

[pgsql-jp: 40317] Re:サービス起動時に「startup process recovering」というプロセスで待たされる

鈴木です。

At Tue, 06 Jul 2010 21:28:03 +0900,
NASUNO Isao wrote:
>
> -----------------------
> 1)データベースを止める
> pg_ctl stop -D '$PGDATA' -s -m fast -w

あまり自信は無いのですが、fast で停止するとクライアント接続の強制切断を
行うので、その辺りが問題でリカバリモードに入ってしまうのかも知れないなぁ
などと思いました。

私がこの状況になったとしたら、fast モードを避け、デフォルトの smart モー
ドでの停止処理をする方法を試してみます。


以下、マニュアルより引用。
------------------------------------------------------------------------
http://www.postgresql.jp/document/8.4/html/app-pg-ctl.html

"Fast"モードはクライアントが切断するまで待たず、かつ、実行中のオンライ
ンバックアップを終了させます。 全ての実行中のトランザクションをロールバッ
クし、クライアントとの接続を強制的に切断した後、サーバを停止します。
------------------------------------------------------------------------


;; ---------------------------------------------------------
;; 鈴木則夫 <suzuki@xxxxx>
;; トライコーン株式会社 http://www.tricorn.co.jp/
;; 160-0015 東京都新宿区大京町24 住友外苑ビル5F
;; Tel 03-5919-0041 Fax 03-5919-0042


投稿者 xml-rpc : 2010年7月 7日 09:38
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/96903
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。