2010年7月 6日

[pgsql-jp: 40311]PostgreSQLの接続エラーの原因を究明したい

みなさん、はじめまして。
木元と申します。

PostgreSQLへの接続エラーが発生し、原因が特定出来ません。
ご存じの方がいらっしゃいましたら力を貸して下さい。

【環境】
PRIMERGY RX600

 WindowsServer2003 R2 SE
PostgreSQL 8.1.9

バッチ処理(PostgreSQLのテーブル対してPSQL.exeを使用しSQLを実行する処理)を
起動しようとしたところPostgreSQLにODBC接続が出来ず、ログを検索すると、
以下の様なエラーメッセージが出力されていました。

2010-06-28 10:43:36 FATAL: semctl(9335392, 13, SETVAL, 0) failed: ブロック
不可のソケット操作をすぐに完了できませんでした。

上記エラーは6/28には頻発しており、バッチを起動する前から出力されていた為、
バッチ起動が原因ではなさそうです。
また、接続の設定はTCP/IP接続です。

サーバ自体を再起動したところエラーは出力されなくなり、
PostgreSQLへの接続も可能になりました。

上記のPostgreSQLのエラー一覧には見当たらずネット等で検索した結果、
Windowsシステムエラーコード一覧に該当のメッセージが見つかりました。

■10035 ブロック不可のソケット操作をすぐに完了できませんでした。

上記のエラーコードで詳細を検索すると、以下のような説明が記載されておりまし
た。

----------------------------------------------------------------------------
-----
WSAECONNABORTED winerror.h

An established connection was aborted by the software in your host machine.

WSAECONNABORTED (10053)
意味 : ソフトウェアによって接続が中止されました。
説明 : 確立された接続が、おそらくデータ転送のタイムアウトまたはプロトコル エ
ラーのため、
ホスト コンピュータのソフトウェアによって停止されました。

10053 WSAECONNABORTED Software caused connection abort ネットワーク接続が
破棄された。
----------------------------------------------------------------------------
-----

断片的な情報で大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

木元

投稿者 xml-rpc : 2010年7月 6日 11:46
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/96896
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。