2010年5月27日

[pgsql-jp: 40276]テーブル実体のブロックの固定長の設定、変更箇所?

こんにちは、

web db press に石井様が書かれた記事で

テーブルの実体は, 「ブロック」という固定長(デ
フォルトでは8192バイト)の領域が0個以上131072
個以下集まったものです(図2) .テーブルを作った直
後は対応するファイル( 「ヒープ(heap)ファイル」

と呼びます)の大きさは0です.データを追加してい
くにつれてヒープファイルは大きくなります.ブロッ
クが131072個,すなわちヒープファイルのサイズが
Gバイトを超えると,新しいヒープファイルが作られ
ます.こうして,1つの論理的なテーブルは32Tバイ
ト(=32×1024Gバイト)までの大きさを取ること
ができます.

のがありますが、
基本単位 ブロックのサイズは、どちらの設定で決めているのでしょうか?
変更したい場合は、どこを見れていいでしょうか?


--------------------------------------
2010 FIFA World Cup News [Yahoo!Sports/sportsnavi]
http://pr.mail.yahoo.co.jp/southafrica2010/


投稿者 xml-rpc : 2010年5月27日 12:38
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/96016
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。